本文へ移動

ブログ

微雑音

ブログ No.7

2021-02-12
  連続でブログアップします。2月9日の神戸新聞夕刊に出ていた記事です。
 自然破壊、環境問題のニュースは今に始まったことではありませんが、この記事はきわめてショッキングなニュースだと思い、このブログに取り上げました。
 記事によれば、国連環境計画のまとめの報告として、なんと日本では、2024年には日本周辺の海域で、サンゴ白化の常態化が始まるというのです。たったの3年後ではありませんか!!
 私は、スキューバダイビングもやったことがないし、特別サンゴに興味関心、愛着があったわけではありませんが、サンゴが海にとって大変重要な存在であることぐらいは想像できます。
 サンゴの白化→魚をはじめとする海洋生物の減少→漁場の荒廃→水産産業の危機→日本の食文化の衰退→国際的な食糧危機→・・・・・
 と誰でも思いつきそうな、ネガティブな連想が次々と浮かんで、もう先は考えたくなくなります。
 そもそも、この記事すべてをそのまま鵜呑みにしてよいものか、また、この記事(報告)の深刻度が実際どれほどのものかは素人にはわかりません。少なくとも関係者は、それこそとっくの昔から研究を重ね、対策も講じてこられたと思います。しかし、現実は!? ともかく、えらいこっちゃという感はぬぐえません。
 私自身、環境問題についてどれだけのことを知っていましょう。徒らに騒ぐのも無責任であるとも思います。
 したがって、今日はこのへんで止めておき、もう少し自分なりに調べてから、この続きをアップしたいと思います。
 皆さんはこの記事を読まれてどうお思いでしょうか。

浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
5
0
5
4
TOPへ戻る