本文へ移動

ブログ

微雑音

ブログ No.8

2021-02-17
写真①
写真②
    コロナのワクチン接種が医療関係者優先で始まりそうです。かすかな光が見えてきました。
 さて、今回また連続でブログを更新します。ただし内容は一般的にはどうでもよい話題です。それもきわめてローカルな話題です。興味のある方はどうぞ先へどうぞ。
 実は私は、以前から不思議に思っていたことがありました。まず写真①を見てください。
この写真は、姫路市北部にある広峰山にある広峰神社横から南に向かって撮ったものです。広峰山の標高は約260m。写真を撮るポイントが意外となく、わかりにくい絵になりましたが、町並みの向こうに白く広がった部分があり、その向こうに薄らと山影が見えているのがお分かりでしょうか。
 実は、白く見えているのは、姫路の南に広がる播磨灘で、薄らと見えている山影は、大きな島が見えているのです。今回の話題は、その島影なんです。
 この島影が昔から私には謎でした。この島影は、少し高台なら、姫路のどこからでも見えるのです。はて、あの島は何島なのか?はたまた島ではなく、山が見えてるのかな?というのが私の長年の疑問だったのです。
 これまで私は折に触れて、いろんな人にこの島について聞いてみました。
 たいていの方は、そんなことどうでもいいのではみたいな感じで、まず「そんな島(山)見える?」から始まり、次に「さあ、家島違う?」と答えます。
 この島影は、姫路の様々な場所から見えるんです。例えば、山陽道姫路東ICを降りたところからも見えます。山陽道から播但道に入り、南に向かうとこれもまた見えます。私のお寺近くにある男山からも、前方の山に遮られながらも木々の間から見えるのです。他にも見える箇所はいくらでもあると思います。
 写真①を拡大したのが、写真②です。同じところから、カメラのズームを最大にして撮ってみました。広畑あたり?の工場の煙突からは煙が出ています。その向こうに、背の低い群島が有り、その奥に大きな島が見えるではありませんか!?
 果たしてこの島は家島の一つか、それとも…?
浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
5
0
5
4
TOPへ戻る