本文へ移動

行事・活動報告

令和3年「永代経法要」①

2021-05-04
NEW
今年の年忌該当の方の法名をおまつりします
お説教(ご法話)の様子
朋澤師
お勤めの様子
フェイスガードをしてお斎をいただきました
 遅くなりましたが、今年の「永代経法要」の様子をアップします。
 4月24日25日、本年度の「永代経法要」が無事勤まりました。二日間とも天候にも恵まれ、良き日和で多くの方にお参りいただきました。
 永代経法要は、当山の門徒過去帳に記載されている方で、当該年の年忌に該当する方をしのび、阿弥陀様のおみのりに出会う法要です。コロナ禍の中ではありますが、法灯を点すし続けることが大切ですので、何としても勤めたいという思いのもと、勤まりました。 法要を勤めるにあたり、むろん感染対策も官公庁のガイドラインに則り、出来うる限り行いました。参拝者のマスク着用はもちろんですが、検温、アルコール消毒、換気、お昼のお斎時には飛沫防止のためにパーテーションを置き、フェイスシールド着用と”黙食”のご協力を願いました。皆様、大変静かにお斎弁当を食していただきました。
 今年のご法話は、島根県から朋澤智弘師にお越しいただきました。感染者数が比較的少ない県から、緊急事態宣言発出直前の兵庫に来ていただくのは申し訳ないことではありましたが、師は快く引き受けてくださり、まことにあたたかく有り難いご法話を聴かせてくださいました。
 法要を勤めるに当たり、地元の各町のご門徒の皆様には、毎年毎回多大なご協力をいただき大変有り難く深く感謝いたしております。これからも各町有縁の方とともに念仏相続法灯継承を主眼として頑張りたいと思います。

浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
6
1
8
8
TOPへ戻る