本文へ移動

行事・活動報告

令和3年「元旦会」

2021-01-17
NEW
本堂ご本尊のお荘厳(飾り)
今年のお年玉(ねんぎょく)
正信偈のお勤め
当山総代代表北野実氏のあいさつ
総代さんによる献杯
 今更ですが(いささか遅いUPとなりましたが)今年も1月1日、無事に「元旦会(がんたんえ)」を勤めることができました。コロナ禍の中ではありますが、よほどのことがない限り勤める予定でしたので、厳修できて一安心でした。
 ここ数年、元日は天気も良く、比較的暖かな日が続いています。今年も天候に恵まれました。この時期だけに、皆さん少しばかりの不安もお持ちだったと思いますが、皆さんマスク着用で大勢の方がお参りくださいました。 元日は言うまでもなく新たな年を迎える節目です。新たな年を迎えることは、また一つ年を重ねることですが、無事に今年も元日を迎えられたことへの感謝の気持ちをお念仏とともに迎えることは大切ではないかと思います。
 ところで、当山は、鐘楼も梵鐘もありませんので、(創建当時からないと思われます)当然除夜の鐘も撞きません。大晦日の晩に、釣り鐘(梵鐘)を108回撞くならわしはいつ始まったのか知りませんが、 梵鐘があるお寺では、毎年除夜の鐘を撞き、そのまま年越しで「除夜会(じょやえ)」を勤めるところもあるようです。うちは、1月1日午前9時から勤めます。
 9時前に行事鐘をたたき、9時から正信偈を勤め、読経後、あいさつをし、皆さんと”献杯”をして終わりです。今年は、時間短縮を考え、例年の新年を祝う歌の披露はやめましたが、少々寂しい気がしました。
 とにかくコロナの脅威はまったく衰える様子がありません。いったいいつまでこんな状況が続くのでしょう。このような中ですが、今年も昨年までと同様に、法要、法座を開きます。
浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
5
0
5
4
TOPへ戻る