本文へ移動

行事・活動報告

大屋根鬼瓦修復

2020-09-04
NEW
上から山門を望む
先端が欠けた鬼瓦
足場からの姫路城
  昨年の台風で、本堂の鬼瓦の先端が破損し、この度修復に取りかかることになりました。ほんのしばらくですが、納骨堂前に足場を組んでおります。
先日、住職は高所恐怖証ですが、近くまで上がってみました。この大屋根は、平成5年に屋根替えをしました。大屋根の、瓦の一枚一枚に、門信徒の皆様のご厚志がこもっているのです。
 残念ながら、手元に資料がないので、この鬼瓦の正確な大きさや重量は紹介できませんが、鬼瓦だけでも2mぐらいの高さがあり、重量もかなりありますが、それを大屋根に据えているのです。屋根の斜度も何度かはわかりませんが、間近で見ると勾配の美しさとともに、今更ながら、このような大屋根を建てた匠の技に感服します。
 当山参拝の折、また改めて大屋根を見ていただいたらと思います。
 
浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
2
8
0
0
TOPへ戻る