本文へ移動

行事・活動報告

報恩講法要②

2019-11-06
NEW
勤行は「行道」をします。
住職「登礼盤」(とうらいばん)
ご講師はやさしい雰囲気の中にも熱いお話しでした

 報恩講法要は、近隣のお寺の住職同士、それぞれのお寺の報恩講法要に出勤をします。今年も、8ヶ寺、9人の方がご出勤してくださいました。
 1日目は、「十二礼(じゅうにらい)」を中心とした勤行と、「五会念仏作法」(ごえねんぶつさほう)という勤行です。2日目は午前のお勤めは、住職と後住のみで「往生礼賛偈」(おうじょうらいさんげ)」というお経を勤めました。このお経は、当山では報恩講でのみ勤めるのです。午後は、ご法中とともに「仏説阿弥陀経」を中心に勤めました。
 そして、この度のご講師は、三原市から栗原一乗師にお越しいただきました。しっとりとした雰囲気の中にまことに味わい深いお話しで、皆さん熱心にお聴聞なさいました。
浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
2
5
0
6
TOPへ戻る