本文へ移動

行事・活動報告

「報恩講法要」準備中!

2019-10-29
NEW
親鸞聖人御伝絵の箱
親鸞聖人御伝絵
供物をのせる台の数々
  定期的なブログを書くと宣言しましたが、まったく更新できずにすでに1ヶ月以上経ってしまいました。いざ書こうとしてもなかなか進まないまま、他のことに紛れて日が経ってしまい、早くも自坊の報恩講が目前に迫ってきました。
 報恩講法要は、浄土真宗の開祖である親鸞聖人のご命日(1月16日)を中心に、全国の真宗寺院では必ず勤める法要です。地域や寺院により勤める時期も、規模も違いますが、宗祖親鸞聖人のご遺徳を偲ぶもっとも大切な法要です。
 当坊の報恩講法要は、11月1日、2日の2日間厳修します。写真は、本堂のお荘厳(しょうごん)つまり様々なお飾りの準備の途中を写しました。「親鸞聖人御伝絵」とは、親鸞聖人の一生を絵に描いたものです。報恩講には、この絵を懸けるならわしになっています。この絵については、また詳細をアップします。当坊では、外陣から向かって右側の余間(実は左余間といいますが)に普段おまつりしてあるお軸の上に懸けます。普段おまつりしているのは、聖徳太子像です。こちらもまた説明します。
 
浄土真宗 本願寺派 
要谷山 善養寺

〒670-0874
兵庫県姫路市八代本町1丁目
16番36号
TEL:079-222-4296
FAX:079-222-4307
0
1
0
6
4
8
TOPへ戻る